MANABU KANAI   WORKS & INFORMATION
HTTP://WWW.TERRAINVAGUE.INFO/QUOTES/

月別アーカイブ: 2011年9月

2011/09/27

メモ

『モダニズムのハード・コア』
「【共同討議】モダニズム再考」p.39

岡崎 作品をつくるときでも見るときでも、ぼくもよく考えますよ。いまだ客観ではありえない普遍というやつですね。
もし主観的なものだったら人にわざわざ見せる必要も語る必要もないし、あるいはもともと客観化されているものであるならば、やはりそれをわざわざまた人に見せるのも語るのも冗長なだけである。そういう、基本的には主観であるけれど、一つの主観には回収しえない妙なものがある。つまり、その複数性がいまだ客観的でない普遍というものだ、と。つまりこれこそが他者と論議するに値する判断ですね。これがカントの言う美だと(笑)。

コメントをどうぞ

2011/09/27

メモ

2011-09-26 – 偽日記@はてな
http://d.hatena.ne.jp/furuyatoshihiro/20110926

佐藤さんの話が面白いのは、コンテンツ指向でもコミュニケーション指向でもなく、その両者を循環的に繋ぐものであり、そして、わたしとあなたの「関係」に拘泥するのでもなく、関係を切断する第三項(超越性)を関係の外から持ってくるのでもなく、「関係」のなかから「第三項」を(あるいは第三項を変化させる契機を)たちあげようとするものである、というところだと思う。それによって、個(深さ・特異点)-関係(水平的ネットワーク)-第三項(垂直的超越性)の間に循環的な通路が通じる。そして、それを可能にするのが媒介としてのリズムだということになる。媒介とは、連続性と非連続性を同居させるものであり、リズムとは、規則性と不規則性を同居させるものである、と。

コメントをどうぞ

2011/09/27

芸術を学ぶ松浦寿夫選書

芸術を学ぶ松浦寿夫選書
http://kumitate.org/matsuura/matsuura.html
※『絵画の準備を!』とかベンヤミン、キットラーなどは入らず。佐々木正人はうーーーん、という感じだけれども。勉強したい。

コメントをどうぞ